充実したサポートでスキルが身につく環境

2018年入社

エンジニア職

N.K

olivaで働き始めたきっかけを教えてください。

前職ではアパレル販売員の仕事をしておりましたが、働いてみると会社の方針に不満を抱くことがあったり、業界自体の将来性に不安を感じることがあったため、働きながら細々と転職活動を始めていました。

そんな時に知り合ったoliva社員の方から「うちで働いてみない?」と、お誘いいただいたのがきっかけです。

当初は「ITスキル皆無な自分がエンジニアになるなんて絶対に無理でしょ…」と思っていました。

しかし、年齢的に考えても異業種に乗り換えられるのはこれが最後かもしれない!と思い直し、せっかくのチャンスなので挑戦してみることにしました。

 

研修やOJTはどのような内容でしたか?

入社してまず初めに受けたのはITリテラシーに関する研修でした。

それから山口さんからパソコンの仕組みについて書かれた本をいただき、「CPUとは何か」「メモリとは何か」といったところから勉強を始めました。

恥ずかしながらパソコンは大学の論文を書く時にちょろっと使っていたくらいで、仕事ではほとんど使ってこなかったので、本当に何も知らなかったんです。

 

その後はJavaの資格取得を目標に、技術本を使ってプログラミングの勉強をしました。

本を読むだけでは理解が深まらないので、研修用に用意してもらった課題に取り組み、わからないことは教育係の方にチャットで質問する、という流れで進めていきました。

週に一度は教育係の方と対面でお話しする時間があったので、チャット上で質問するのが難しいことはその時にまとめて聞いていました。

現場で働く前に学習に専念させてもらえたことは大変ありがたかったですし、資格という形に残るものが得られたのは嬉しいです。

 

 

研修、OJT修了後の仕事内容を教えてください。

研修修了後、初めて参画した現場では基本設計や詳細設計を行いました。

エンジニアというと真っ黒な画面に向かってひたすらコードを書いているイメージがあったのですが、実際に現場に出てみるとそうでもなく、むしろコーディングよりも設計や要件定義にじっくり時間をかけている印象を受けました。

また、作業工数のマネジメントをしたり、実装したプログラムのテストをしたり、ドキュメントを修正したり、一口にエンジニアと言ってもたくさんの役割があることを知りました。

現場に慣れないうちは失敗も多かったですが、上司や先輩にしっかりとフォローしていただき、安心して働くことができました。

 

業務で大変なことや、やりがいを教えてください。

わからないことをうまく言語化して質問するのが難しいです。

私がもともと話下手なのもあるんですが、実装していてハマったところを上司に伝える際など、使い慣れない単語を使って状況や経緯を説明するのって大変なんですよね。

元々他業界だったため、知らない単語を耳にすることは多く、日頃から調べるように癖づけておくことが大切だと実感しています。

 

やりがいを感じる瞬間は月並みですが、自分で書いたコードが自分の意図した通りに動いた時ですかね。

前職では得られなかった感覚なので、入社して数年経った今でも毎回感動しています(笑)

 

就職活動をされている方たちにメッセージをお願いします。

olivaには未経験の方に向けた研修制度や、スキルを磨くための技術発表会などのイベントが用意されています。

学習サポートが充実している会社なので、私のようにIT業界で働いた経験がなくても、学校でプログラミングを学んでいなくても安心して働くことができますし、必要なスキルを身につけることもできます。

 

初めての就職、異業種からの転職で悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度olivaに来てみてください。

一緒に勉強していきましょう!

Copyright © 2017 oliva Inc.